naka-maの心言・2

http://naka-ma.tea-nifty.com/butubutu/ 「naka-maの心言」続編です

2023年1月25-26日 横浜からC/2022 E3 ZTF彗星撮影

日本列島が最強寒波に覆われ、雪による道路渋滞や、新快速電車内で閉じ込められたり各地で大変だったのが24日から25日にかけてでした。関東地方でも北部や南部でも房総の方では雪が降りましたが、25日になると冬晴れになりました。

横浜の自宅でも氷点下なので、「電視観望」で部屋の中から星を見ました。

電視観望と言っても準備が必要なので外にいる時間もあるので防寒対策をするのですが、脱ぎ着が面倒なので後半は結構寒い思いもしました。

まずは手始めにオリオン星雲M42です。毎年撮影していますので見返してみるとその時の気分で画像処理を適当にしているので全く雰囲気が違いますね。

 

高橋MT160+レデューサー(D=16cm、f=776mm)、NikonD810A(FX撮影後トリミング)、サイトロンコメットバンドパスフィルター、スカイエクスプローラーAZEQ6GT赤道儀、自動ガイド(SVBONY 30mm F4ファインダースコープ、ZWO ASI224MC)、ASIAIRpro

30秒x10、60秒x10、120秒x10、ISO1000をDeepSkyStacker(DSS)でスタック。

周辺減光がひどいのでステライメージのセルフフラット機能を使って再処理してバックを暗くしてみました。

オリオン星雲M42 セルフフラット再処理

ASIAIRのアプリは良くできていて、電視観望しながら撮影もできるライブモードで見ながら撮影しました。ただオートランモードと異なりカメラ内での画像保存はできないようで、ASIAIRのUSBメモリにFITS形式で保存されます。ちなみに筆者は基本M1MacなのでFITSは扱えず、やむをえず古いインテルMacを残しておいてパラレルズでWindowsを動かして処理しています。以前はASIAIRのFITSがステライメージで読めなかったと思うのですが今回は大丈夫でした。

なお、周辺減光が大きく、イメージサークルもフルサイズに若干足りないので画面は切り出しています。

 

次に、今日寒い中わざわざ望遠鏡を出した理由でもある、C/2022 E3 ZTF彗星です。

この彗星は2月2日に地球に最接近するので大きく見えるのではと期待されています。ただ尾の出方は控えめで近日点通過はもう終わっているのでこれ以上長い尾は期待できないかもしれません。今は北極星の近くに一晩中見えます。

ネットの写真で、尾は細くて長いイオンテールが目立ちますが、これは空の暗いところに行かないと撮影もできません。コマから出た明るいダストテールは都会でも撮影できますが、短いので見栄えはしません。しかし6等級まで明るくなった彗星ですから撮影しましたのでご覧ください。

2023年1月26日JST0時19分〜01時03分、120秒x21枚、ISO1600

DeepSkyStacker(DSS)で、彗星、星固定でスタック。

C-2022-E3_120.0s_Bin1_ISO1600_20230126-010334_002p

C/2022-E3 ZTF彗星

周辺減光落ちを少なくしてバックを暗くしてみました。尾がよく見えなくなりましたが。

C/2022-E3 ZTF彗星 再処理

正直に言うと目では見ていません;)。プレートソルブが北側だと迷うようで何度か外に出て望遠鏡の向きを大体合わせ直しましたが、あとは自動で導入してくれました。

ライブ観望中にも思ったのですが尾がどちらにも伸びているように感じました。写真は右が北極星方向、上が時角+方向です。北極近くは方向を示すのが難しいのですが、この場合目で見たのと逆です。尾は右下に向けて伸びており、ダストとイオンテールは重なっているようです。一方逆方向にもにじみが見えます。他の方の写真を見ると、やはり逆方向にも「へ」の字のように尾が見えます。>ダストテイルが横に広がっているそうです

また地球に近いので彗星の相対移動速度が上がっており、動きが速いです。

120秒露光では核が線状に写って長すぎましたが2分間隔の連続写真が撮れました。。

そこで各写真を使ってフォトショップによるGIFアニメーションを作ってみました。

C-2022-E3_20230126-010334p.gif

ZTF彗星の移動

当地から北側は横浜の市街地があるので夜半でも明るく、尾は期待できませんでしたがそこそこ楽しめました。なお、光害カットフィルターとして「サイトロンコメットバンドパスフィルター」を本来の用途である彗星に初めて使ってみました。

 

翌朝、望遠鏡を片付けるときに太陽も撮ってみました。

2023年1月26日 10時00分(JST

コロナド社P.S.T.、NikonNAV-17.5SW+TSA-1、Nikon D810A(FX)

1/8秒、ISO1250、光球B画像、紅炎R画像、擬似カラー

20230126_10003254

20230126_10h00m33s

このところ太陽活動も活発で、多くの黒点や大きな紅炎も出ていたようですがこの日は穏やかで出遅れました。白く見える所は黒点の近くにあるHα吹き出しが活発な所です。やはりすぐに行動しないとダメですね。

 

東京国立博物館

上野に行ったついでに東京国立博物館へ行きました。

東京国立博物館は昨年、創立150年ということで「国宝 東京国立博物館のすべて」という特別展が行われ、予約が取れないほど盛況でした。

筆者も1974年にモナリザ展を見に行ったのですが、国立博物館だったことは忘れていました。

本館は関東大震災で損壊したために建て直され1938年(昭和13年)に開館した鉄筋コンクリートの和洋折衷建築です。

この建物、もちろん重厚な外観もさることながら、正面玄関を入った先のこの階段が有名です。

TBSドラマ「半沢直樹」の「東京中央銀行」本店の階段です。ここで堺雅人香川照之の名演技が行われました。ちょっと半沢直樹ごっこしてきました。

 

2階内部は、「総合文化展 日本文化の流れ」が行われていました。東京国立博物館では常設展は無くて、展示の入れ替えが頻繁に行われているので統合文化展としているそうです。

博物館内は一部を除き写真撮影は個人利用でノーフラッシュであれば可能で、ありがたいことです。国宝、重要文化財が数多く展示されています。

敷地内には本館以外にも表慶館、東洋館、平成館、法隆寺宝物館があり、同じ入場券で入ることができます。疲労で回りきれないため、平成館の考古展示を見ました。
石器から縄文、弥生、古墳時代の発掘された本物が見られます。古代史にも興味がある筆者には楽しい展示です。

 

上野動物園の”白黒熊”

上野動物園に行ってきました。地元の野毛山動物園や神戸の王子動物園には子供が小さい頃行った記憶がありますが、上野動物園はもしかすると自分が子供の頃以来かもしれません。

”白黒熊”なんて書くと捻くれた親父みたいですが、中国名の「大熊猫」よりもわかりやすいかも、なんて思っているところが捻くれてます。まあ普通にジャイアントパンダと書くべきです。

カミさんがパンダを見たいというので一緒に行きました。

そのパンダ、上野には5頭いますが、そのうち一頭(シャンシャン)が近く中国に返還されるということが報道されて、さらに双子(シャオシャオ・レイレイ)が母親(シンシン)と母娘分離予定ということでしょうか、平日にも関わらず大勢の来園者が行列を作っていました。

シャンシャンは正門すぐの東園パンダ舎にいるということで、午前中から210分待ちの行列ができており、こちらは諦めて、西園パンダ舎の方に行って30分待ちの行列に並びました。

不忍池の横に並びました。

ちょうど室内に3頭いましたが、立ち止まって見られる時間は1分で入れ替えになります。写真撮影も可能になっていた(時期によっては禁止の場合も)ので、高速連写;)してきました。

すみません、初心者なものでどれがどれやらわかりません;)

実は母子のパンダとは別舎に父親(リーリー)がいました。こちらは待ち時間ゼロで見られます。どうせ親父はこんな扱いさ、と思っているのか、なんだか捻くれてました;)

哀愁?のある後ろ姿。

この後も何度か見に行ったのですが、この場所から動かずに食後の昼寝をしていたので画になりませんでした。。やっぱり捻くれているのが待ち時間ゼロの理由かな。。

パンダ舎にはレッサーパンダもいました。

園内を歩き回りました。

高層ビルとキリン。

上野動物園内には東園と西園の連絡用にモノレールが走っていました。

休止ですが、パンダ舎が路線下にできたこともあって、路線変更や跨座式への転換も検討されており、都営交通の赤字路線のためにこのままの再開はないそうです。

筆者の子供の頃の絵本にはH形のモノレールが載っており、子供の頃、これに乗りたくて行ったのに、ただ歩いて回った記憶があります。

 

上野動物園内から見ることのできる五重塔です。上野東照宮五重塔、江戸時代の建立です。

上野東照宮にある五重塔ですが、明治時代の神仏分離令により寛永寺所属になり寛永寺上野戦争で消失、上野公園になり東京都の所有になりました)

相模湾から富士山を望む

冬晴れの朝、車で三浦半島、秋谷・立石公園へ。

立石と呼ばれる奇岩と梵天の鼻と呼ばれる小さな岬が綺麗な光景です。その先に冬の富士山が見えました。

富士山の撮影名所にもなっており、無料駐車場には平日朝から多くの車が停まっています。

立石公園からは海岸に近づけませんが突然ハトの群れが飛び立ちました。

立石公園から。

公園を抜けて梵天の鼻へ行けます。

立石海岸は小さな砂浜と岩場です。

歌川広重『相州三浦秋屋の里』という浮世絵にも描かれた景勝地です。

改めて立石を見ると複雑な隆起と侵食を繰り返した奇岩です。先述の『相州三浦秋屋の里』に描かれた立石と梵天の鼻の松は現在と位置関係が違って見えますが、江戸時代以降地形が変わったのでしょうか。

 

近くに長者ヶ崎があり、ここの駐車場も平日無料なので立ち寄りました。

稲村ヶ崎にも立ち寄りました。ここは公営有料駐車場があります。

 

2023年正月(2) 「権太坂」定点カメラ

東京箱根間往復大学駅伝競走箱根駅伝)は何度かこのブログにも書きましたが、100年以上の歴史を持ち1987年から日本テレビで全国生中継される競技です。しかし40年前は関西の親戚に言っても話が通じないくらいローカルでした。(1979年から東京12チャンネル中継が関西系列でも放映されていたようですが)

ここ数年、コロナ禍で沿道観戦も規制がありましたが、今回はできるようになりました。

実家の近くにいわゆる「権太坂」定点カメラがあって各チームが通過するタイムを中継するので何度もテレビに映る場所で観戦しました。ここで駅伝を見るのは30年ぶりです。

通過1時間前はまだ静かでした。

選手通過時にはこの人だかりでした。バイクカメラはこのようになっているのですね。

さて「権太坂」はこのブログに何度も書くように旧東海道の難所で、国道1号線とは外れて、元町橋から光陵高校前を経て境木地蔵へ続く道です。この「権太坂」定点カメラは国道1号線「狩場町」バス停近くです。昔はサッポロビールの倉庫があったのでそこに定点カメラを設置していましたが、今はコープパルシステムの配送センターになっており、定点カメラはその横にヤグラを組んで小規模になっていました。

筆者はここが定位置です。

テレビ中継では定点カメラで各チーム通過タイム計測をするため何度も写ります;)。ただ自分や家族にだけわかるように目立たないようにしています。

ここは2区、9区の、各チームのエースが走る区間で、1979年に当時早稲田大学の瀬古選手、1989年に初の留学生山梨学院オツオリ選手が7人抜きをするのを見たことを思い出します。

1991年1月2日



2023年正月(1) 鷹取山

2023年も始まってすでに9日目、今年もよろしくお願いします。

カミさんの実家は横須賀市湘南鷹取ですが、近くに鷹取山があります。ここは昔から有名なロッククライミングの練習場です。今は届出が必要らしいです。

正月、十数年ぶりに行ってみました。

鷹取山鎌倉時代三浦市の領地でした。江戸時代は天領で、佐倉藩などが交代で統治したそうですが、しばらく手付かずの場所でした。明治時代になって鷹取山の凝灰岩が盛んに切り出され建築に使われたことでこの垂直な岩壁ができました。

関東大震災で石材が倒壊したり、コンクリートができたことなどから、鷹取石の採掘は無くなりこの景色が残りました。その後、昭和30年代になるとロッククライマーが練習に使うようになり、新田次郎の小説「銀嶺の人」にも出てきます。

この弥勒菩薩尊像は1960年に有志彫刻家が製作したそうです。現状スズメバチの巨大な巣があり危険です。

展望台からは360°見渡せます。東側の景色は横須賀港側です。遠く房総半島も見えます。

南側は相模湾、逗子海岸が見えます。

西側は曇っていたのですが、高圧線鉄塔のあたりに富士山が見えるはずです。邪魔です。

北東側に鷹取小学校、先には金沢八景の野島、夏島が見えますがともに埋立地の中です。

北側は展望台から見えませんが、降りていく途中で磯子本牧が見えます。遠くには東京スカイツリーが見えていました。筆者の肉眼ではどれがそうなのかわかりませんでしたが、写真で拡大するとはっきりわかりました。

 

12時間 星の軌跡

冬のこの時期、日本では夜の時間は半日を超え、薄明終了から薄明開始まで12時間以上あるので、星の軌跡を半円以上撮影記録することができます。
加えて横浜では太平洋岸の冬晴れになる季節でもあるので快晴のまま一晩超えることもあります。
わかっていてもフィルム時代では、12時間も露光すると余程の暗闇でない限り露光オーバーになるので不可能でした。しかし、デジタルカメラと画像合成によって街中でも撮影可能になりました。

その結果がこちらです。わかっているつもりでしたが、これほど星が写るのに驚きました。それに飛行機の多さもですが。途中雲が出てしまったのが残念ですが星が途切れることがなくて、レコードの溝(もう遺物のような表現ですが)が綺麗に写りました。

2022年12月26日17時30分〜27日06時00分 17秒間隔約3000枚
NikonZfc+NIKKORZ14-30mm/4S(16mm=35mm換算24mm)
絞り優先オート・F4  ISOオート100〜1000「インターバル撮影」露出平滑化

202212261726-0600_12h

デジタルカメラだからといっても、以前ならバッテリー不足で12時間の連続撮影はできませんでした。今回はNikonZfcのUSB給電を利用することで、AndroidスマホのACアダプタから給電し連続撮影が可能になりました。
また「インターバル撮影」を17秒間隔で3000枚行うことも自動で可能になっています。メモリーカードの容量は64GBでRAWでは厳しいのでjpegで撮影しました。
寝ている間に撮影完了でありがたい時代になりました;)。

また動画も作成しましたのでご覧ください。