naka-maの心言・2

http://naka-ma.tea-nifty.com/butubutu/ 「naka-maの心言」続編です

木星 2022年8月27日

天候のせいだけにしてはいけないのですが、ここのところ天気予報が悪いので望遠鏡を出すのを諦めていたら夜中に見ると晴れているパターンが続きました。北日本に梅雨というか秋雨前線が停滞し、横浜の日中は蒸し暑いので外に出れば汗だく、夜は南風それも熱風が強く吹いて望遠鏡も揺れます。
ここ数日は夜の風は穏やかになり昨日はネットでは最高のシーイングと書かれていて、今日こそはと思いセッティングしました。
すると夜半には雨の予報で、実際遠くでは雷が光っており、急いで撮影しました。残炎ながらシーイングも悪くて、一時シーイングがやや回復した時の画像です。前後はとてもぼやぼやでみられたものではありませんでした。
夜半前には雲も出てきて撤収したらやがて雨になりました。この先秋雨前線がかかって惑星撮影はダメそうです。
惑星シーズンはこの先も火星接近に向けて続きますが、夏の好シーイングは終わりのようでやや残炎な状況です。

2022年8月27日 横浜市戸塚区
シーイング2/10、透明度2/5

望遠鏡: セレストロンC11(28cmシュミットカセグレンF10)、Skywatcher AZ-EQ6GT赤道儀
カメラ:ZWOASI290MM(L、R、G、B)、ニコンEiC16=F34
キャプチャーソフト:FireCapture v2.7.1(Win)
画像処理:AutoStakkert_3.0.14(Win)スタック、RegiStax(Win)による画像復元、De-rotation(WinJUPOS (Win))後、 ステライメージ7(Win)最大エントロピー法、シャープ、RGB合成、LRGB合成、フォトショップMac)、色、トーン調整

木星

(RGB各)露出10msec、ゲイン380、約3000枚>30%約900枚、x2セットディローテーション
(L)露出10msec、ゲイン360、約3000枚>30%約900枚、x4セットディローテーション

22時30.9分(JST

 

2022-08-27-1330_9-NM-L-Jup_lapl5_ap10r-lrgb

「ゆる鉄画廊NOMAD鎌倉」に行く 2022年8月26日

hanshin.cafeblog.jp

鉄道写真家中井精也氏の画廊は閉館になり、「放浪」しているそうです。以前大船にも来たようですが、今回北鎌倉駅前ということなので暑い中行ってみました。

テレビにも出演している人気写真家で、平日初日に多くのお客さんが来ていました。

レンズプロファイル自動適用の功罪

starsphotonahooh.exblog.jp

(上記が元記事です)
以前、このブログでも書きましたが、星の軌跡を比較明合成で合成すると妙なモアレのような縞模様が出てしまうことがあります。
この原因をネットで調べてみると、RAW撮影で、レンズの歪曲収差と周辺減光を手動補正、そしてレンズプロファイルデータを使って自動補正した時に発生する現象だということがわかりました。そこでこのような補正をしないようにすれば比較明合成してもモアレ縞は生じなくなります。
しかし、ミラーレスカメラ全盛になってから、レンズ設計が自動補正も込みで行われるようになっており、特に小型軽量を狙ったレンズではプロファイル補正が自動で適用され、それを切ることができなくなっています。特に広角レンズでこういう製品が多くなっています。
筆者が使っているニコンNIKKOR Z 14-30mm f/4 S もその中の一本です。このレンズは超広角ズームレンズでありながら小型軽量で前玉にフィルターが装着でき、写りは絞り開放でも周辺まで大変シャープです。なので星景写真にもうってつけで、「Sequator」でスタックして星固定では大変満足する写りです。ところが星の軌跡にするとこのようにモアレのような縞模様が出ます。カメラはNikon ZfcなのでAPSサイズですから周辺は見えていません。
レンズプロファイル自動適用の功罪_b0400557_14393221.jpg
このようにやや明るい背景で現れます。
次にフルサイズセンサーのNikon Z6に同じレンズをつけた例です。比較的暗い空なのであまり目立ちませんが、光害の部分に現れています。
レンズプロファイル自動適用の功罪_b0400557_14394046.jpg

一枚の写真ではこのような縞はありません。

レンズプロファイル自動適用の功罪_b0400557_14393903.jpg

この写真のExifデータから埋め込まれている自動補正のプロファイルを削除すると、いわゆるレンズの”素”の性能が現れます。左下の電灯の反射で差がわかります。

レンズプロファイル自動適用の功罪_b0400557_14393951.jpg

このような処理をした(自動処理をキャンセルした)データをphotoshopで「比較明合成」すると、星の軌跡写真になります。上の写真と比べてみると縞が出ていません。やはり巷で言われるようにレンズプロファイルの(強制)自動適用が縞の原因でした。

レンズプロファイル自動適用の功罪_b0400557_14393906.jpg
このままでは水平線がタル型に曲がってしまったままなので、photoshopで歪曲を補正します。すると糸巻き型に画面が歪んでしまいます。
レンズプロファイル自動適用の功罪_b0400557_14570802.jpg
それを矩形に切り取って仕上げます。最初の自動補正の画像と比べると、左下の電灯の反射がひと回り大きいので、自動補正ではさらにひと回り小さく切り取っているようです。周辺減光もやや大きいですが補正可能です。
レンズプロファイル自動適用の功罪_b0400557_14571351.jpg
先に示したZfcの画像も同じように処理すると縞が消えます。まず自動補正のままの画像。
レンズプロファイル自動適用の功罪_b0400557_14393221.jpg

Exif改ざん;)の画像。綺麗に縞が消えています。またAPS-Cサイズなので周辺減光もありません。

レンズプロファイル自動適用の功罪_b0400557_14393261.jpg

このようにレンズプロファイルを強制的に自動適用されるのをキャンセルすると問題なくなりました。しかしニコンに限らずメーカーは、歪曲の大きなレンズではユーザーにキャンセルすることを許していません。それだけ社内基準が厳しいと言えるのですが自社アプリだけではなくAdobeのアプリでもキャンセルすることができないのは、おそらくメーカーが依頼してそうなっているのでしょうが、いかがなものかな。筆者は素の状態の絵でもこれだけシャープなら使えると思いますが。

いずれにせよ高性能のNIKKOR Z 14-30mm f/4 S が星の軌跡写真でも使えるようになったのはありがたいです。
 
そこで以下に自動補正のキャンセル方法を忘備録として記します。元は他の方のブログ記事を参照していますが、Macを使った場合の記事はなかったので他のMac使いの方の参考になれば。
 
まず、RAWデータのフォーマット(NikonならNEF)をDNGに変換します。この時、通常のPhotoshopとかLightRoomで変換してはいけません。後でExifをいじれるのは、「Digital Negative Converter」というフリーアプリを使います。
 
このように立ち上げ、変換します。
レンズプロファイル自動適用の功罪_b0400557_13454796.jpg
一気に変換できます。
レンズプロファイル自動適用の功罪_b0400557_13454654.jpg
画像データーには「Exif」(Exchangeable Image File Formatの略で、撮影データやカメラの設定データを画像データに保存できるデジタルカメラ用のフォーマット)が付いていて、これを書き換えることで今回の事例に対応します。
以下の「Opcodelist3」があると自動補正されるのでこれを削除します。
レンズプロファイル自動適用の功罪_b0400557_13454888.jpg
本来なら「Exif Tool GUI」でできるようなのですが、筆者はやり方にたどり着けず、別の方法でやりました。と言っても同じ「ExifTool by Phil Harvey」(https://exiftool.orgからMac版をダウンロードします。(_GUIはこれをGUI環境で動かすアプリ)
このアプリはMacでは「ターミナル」から動作します。コマンドに
「ExifTool -opcodelist3= 」と入力します。この時半角スペースが重要です。
そこに変換済みのDNGファイルをドラッグし「Return」します。
レンズプロファイル自動適用の功罪_b0400557_13454798.jpg
今回、一気に400個以上を処理できました。
レンズプロファイル自動適用の功罪_b0400557_13454759.jpg
Exifを確認すると「Opcodelist3」が消えています。
レンズプロファイル自動適用の功罪_b0400557_13454815.jpg
このように修正データとオリジナルデータ(拡張子がoriginal)になっているので元に戻せます。
レンズプロファイル自動適用の功罪_b0400557_19101615.jpg
Exifデータを編集するのは改ざんみたい、実際に改ざんと言える、ので気持ちの良いものではありません。レンズプロファイルはオンオフできるようにしてもらえるのがいいですね。

「KAGAYA星空の世界展」を拝見しました

starsphotonahooh.exblog.jp

このブログ、「StarsPhoto」は筆者がアイデア、仕様を出して、知人に開発してもらった星景写真撮影サポートアプリです。「星景写真」人気が出てきたようです。アプリの販売は伸びていませんが;)。

 

江ノ電の風景 

hanshin.cafeblog.jp

最近過去の写真を整理しながら、鉄道関係の写真はこちらのブログにアップしています。

予想外に?鉄道関係写真が多いので、こちらの方が頻繁に揚げています。

土星の衝効果 2022年8月15日

暑い終戦記念日でした。

 

この日土星が衝(しょう)になりました。衝というのは、太陽と地球を結ぶ線の反対側に惑星が並ぶ現象です。これが起きた時に南中する時刻が午前0時になります。衝自体珍しいことではないのですが惑星が最も大きく見えるタイミングであり、大きさの変化の激しい火星はこの時を「火星接近」として報道されます。

土星の場合、もともと遠いのであまり大きさの変化はありませんが、土星の輪が本体よりも明るく見える現象が見られます。これを衝効果と言い、微粒子に正面から光が当たると明るく輝くハイリゲンシャイン効果によるものではないかと言われています。

横浜は、強烈な南風が熱風のように吹く中、望遠鏡がブレまくってシーイングも悪くて薄雲も出て、とても撮影に適した天候ではありませんでしたが、土星の衝を撮影しました。

撮影はいつものような撮影回数をこなすことができないので1セットだけです。

2022年8月15日(UT:15日) 横浜市戸塚区
シーイング2/10、透明度2/5

望遠鏡: セレストロンC11(28cmシュミットカセグレンF10)、Skywatcher AZ-EQ6GT赤道儀
カメラ:ZWOASI290MM(L、R、G、B)、ニコンEiC16=F34

キャプチャーソフト:FireCapture v2.7.1(Win)

画像処理:AutoStakkert_3.0.14(Win)スタック、ステライメージ7(Win)最大エントロピー法、シャープ、RGB合成、LRGB合成、フォトショップMac)、色、トーン調整

土星

(RGB各)露出15msec、ゲイン400、約3000枚>30%約900枚、x1セット

(L)露出15msec、ゲイン360、約3000枚>30%約900枚、x1セット

23時56分(JST

2022-08-15-1456_4-NM-L-Sat_lapl5_ap1-lrgb

 

先日の衝になる前の土星を並べておきます。輪の明るさの違いがわかりますか。

2022年7月31日01時14.5分(JST

202207301614_5nmlsat_lapl5_ap2rlrgb

おまけで木星です。ひどい写りですが記録ということで。

木星

(RGB各)露出10msec、ゲイン380、約3000枚>30%約900枚、x1セット

(L)露出10msec、ゲイン360、約3000枚>30%約900枚、x1セット

24時07分(JST

2022-08-15-1507_8-NM-L-Jup_lapl5_ap7r-lrgb

 

ひまわりの丘 2022年8月10日

 

 

ソレイユの丘

暑さが続きます。

夏の花、ひまわりを見に行きました。

横須賀市長井にある「ソレイユの丘」です。三浦半島荒崎海岸の隣です。ひまわり畑は何箇所かあるのですが、すでに花を落としている所もあり時期差をつけているのでしょうか。

暑い夏空の元、多くの家族連れが訪れていました。